ホーム > LaXiTeraのコンセプト 2.チーム力が強くなるSFA

LaXiTeraのコンセプト

2.チーム力が強くなるSFA

属人的な営業スタイルのままでは限界がある

営業マン個人のやる気や経験に任せて自己流のまま個別に営業展開をしていたのでは、組織として営業ノウハウが蓄積しません。 営業スタイルが定着せずに成績につながらない営業マンに「努力と根性」を説く時代は終わりました。
これからの営業活動は営業チーム内の円滑なコミュニケーションと団結力で組織的にフォローしていく必要があります。

これからはチーム力でフォローし合える営業活動基盤が必要

タイミングを逃すとアドバイスも営業アプローチも活かしきれない

営業はタイミングが重要です。対応に悩んでいる担当者に適切なタイミングでアドバイスし、次の行動の気づきを与え、時期を逸することなくお客様にアプローチする必要があります。
そのためには、周囲がチームのメンバーの問題に担当者にいち早く気づき、迅速なアドバイスを行う必要があり、外勤が多くても普段から円滑なコミュニケーションができる仕組みが必要なのです。

チームの営業活動を常に共有し、適切なタイミングでフォローし合える営業活動基盤が必要

外勤が多くてもチーム内のコミュニケーションが取れないと団結力が生まれない

ただでさえ外勤が多い営業マンが、Webシステムを導入したことで直行・直帰が増え、メンバーとのコミュニケーションが益々稀薄になってしまったのでは意味がありません。
スケジュールの共有はもちろん、コメント機能や日報の共有により、常に他のメンバーの活動にも関心を持ち、コミュニケーションが簡単に取れる事が重要です。
また上長からの励ましや評価のコメントが共有されることで、チーム全体のモチベーション向上も期待できます。

外勤が多いメンバーでも楽にコミュニケーションが取れ、チームの団結力が生まれる様な仕掛けが必要

チームの情報共有が不十分だと一体感が生まれない

メンバーが皆多忙で定例会議の時くらいしかチーム全員が揃わないことが多いのも事実です。
チームに関係する制度変更などのお知らせ、会社行事や会議、地域情報などをポータルサイトで共有し、メンバーへの周知はもちろん、出欠を意思表示するなどコメントし、メンバー間で確実に情報を共有する必要があります。

営業スケジュールだけでなくお知らせや会社行事、地域情報など様々な情報共有が出来る仕組みが必要

こんな今までのSFAの問題を解決するために生まれたのが、チーム力が強くなるSFA LaXiTera(ラクシテラ)なんだよ。